住友重機の社員が投資をする時に気をつけることは

住友重機の社員が投資をする時に注意が必要なことは、内部関係者でしか知りえない情報を元に取引をすると法に違反する恐れがあるということです。
住友重機で働いている人が、住友重機の株を売買することに関しては何ら問題はありませんが内部の関係者しか知り得ない情報を元にして、取引をするとインサイダー取引となって摘発されてしまう恐れもあるのです。

また、実際に本当に情報に関して何も知らないとしても、その直後に大きな材料が出て株価が動いた場合には、そのことを知らなかったということを証明するのは難しいものとなってしまいますから、自社株の売買をするというのはできるだけ避けた方が安全だといえます。
もちろん、働いている会社の株を持つことは仕事に対するモチベーションを高めるために意味があることですし、社内規定などで禁止をされていなければ法律に反するわけでもありませんから悪いわけではありません。
しかし、売買の自由度が制限されてしまうので、投資としてみた場合には不利益を被る可能性のほうが高いので、もっと他の別の銘柄を選択したほうが投資はしやすいものとなっています。

そして、もうひとつ重要なこととしてインサイダー取引というのは自社だけでなく、仕事を通じて知った他社の情報に関してもそれが未公開の情報であればインサイダー取引の条件に当てはまってしまう恐れがあるので注意をしましょう。
他の会社のことだからといって一般的に知られていない情報を元に取引をすれば、それもインサイダー取引となるのです。

住友重機の社員にかぎらず上場企業あるいはそのような企業と接触があるという人は、インサイダー取引に関しては十分に気をつけるようにしましょう。